最新の投稿
鼻をかんでいる女性

抗ヒスタミン薬アレグラ花粉症を軽減することができるアレルギーの薬です。眠気などの副作用が起きにくい特徴があり、アレグラには医療機関で処方されるものの他にドラッグストアなどで購入できる市販薬があります。抗ヒスタミン薬にはさまざまな種類のものがありますが、その中でもアレグラは副作用が出にくいタイプで、集中力が途切れるようなこともありません。副作用についてしっかり理解をすることでより安心して使用ができます。

花粉症に効果のあるアレグラ

抗ヒスタミン薬は、過剰に分泌されてしまったヒスタミンをおさえることができるため、花粉症の治療や予防としてよく使われています。

花粉のアレルギーに対する薬には、アレグラやザイザル、アレロックなどがあります。ドラッグストアでも購入できるものも多いので、処方薬とでなく、ドラッグストアにて購入する人もいます。アレグラの場合、花粉による季節性鼻炎やダニやほこりで起こる通年性鼻炎による、鼻水やくしゃみ、鼻づまりに効果があります。処方薬の場合、上記のことの他に、アトピー性皮膚炎や虫刺され、乾燥による肌のかゆみ、蕁麻疹といった症状に使われることがあります。

1日2回1錠を朝と夕方に服用するのが基本ですが、鼻づまりで良く眠れないといった場合は就寝時間よりも2時間ほど前に服用すると良いでしょう。こうすることによって、アレルギーの症状が治まる頃就寝時間が始まり、ぐっすりと眠ることができます。眠ることでストレスも減少し、免疫力も上がるので、いつも決まった時間にベッドに入るようにします。

さらにアレグラは胃への刺激も弱いので空腹時に服用しても大丈夫です。毎日継続して服用することで効果が現れやすくなるので、飲み忘れだけには注意してください。

近年はアレルギー症状に悩む人も増えており、花粉もまたアレルゲンとなっています。子どもがなるケースが多かったのですが、大人でもなる人がいますし、子供の頃に治ったのに再び発症してしまうこともあります。春はスギとヒノキ、シラカバの花粉が、秋はブタクサとヨモギが代表的なアレルゲンで、このほかにダニの糞や死骸、ペットの抜け毛やハウスダスト、かびが要因です。一度症状が出てしまった場合は、翌年も起こることが多く完全に治すことは難しいです。

ですが、抗ヒスタミン薬を、きちんと決められた量を服用することで、鼻水を止め、鼻づまりからも解放されます。アレグラはアレルギー性鼻炎に強い薬であるので、鼻に関する症状が強く出る場合はこちらの薬を選ぶと良いでしょう。薬によってどのタイプのものに強いのかが分かれるので、自分の症状をしっかりと把握することが大切です。メモなどを取っておくと具体的にどのような時にどの症状が出るかがはっきりと見えてくるので、医師と相談をする時にも役に立ちます。

抗ヒスタミン薬による副作用

花粉症は体内の物質であるヒスタミンが、アレルギーの症状を引き起こしています。花粉など異物が体の中に入ると、まずたんぱく質のIgEと結合をし肥満細胞に変化するのですが、その肥満細胞からヒスタミンが分泌され、かゆみや鼻水、くしゃみが起きます。抗ヒスタミン薬を服用することで、薬の成分がヒスタミンの放出を防ぎ、さらに炎症状態を低下させることができるのです。ですので、花粉症などのアレルギーがある場合は、アレルゲンが体の中に入って急激に反応しないように、花粉が飛散する前から服用を開始する必要があります。

抗ヒスタミン薬は花粉症などのアレルギー疾患を軽減するのに必要な薬ではありますが、副作用もあります。消化器関係では、口の乾きや吐き気、便秘ということが起こりやすくなります。その他の副作用としては、一時的に集中力がなくなりぼんやりとしている、顔や足がぴくぴくとするといったことがあげられます。けいれんのような症状やアナフィラキシーが出るのは大変まれですが、全くないわけではありません。

そして第1世代の物の場合、前頭葉にも作用するので、眠くなりやすくさらに抗コリン作用が強いことから痰を出しにくくなることもあります。効果は大変強いのですが、その分副作用も出やすく、きちんと管理をしながら服用をしないと副作用に悩まされてしまうことも多いです。

アレグラやザイザルといった薬は、花粉が飛ぶ前に薬を服用し始めると、実際に花粉が飛び始め際にも症状が出にくく、仮に出たとしても軽い症状で済むことが多いです。どのような薬にも危険性はあり、全く副作用がでないことはありません。体質やその時の体調によっても異なるので、毎日服用をして何ともなくてもある日突然体に変化が起きてしまうこともあります。

薬によっても症状の現れ方は違い、アレグラよりもザイザルの方が眠気など強く出ることがあります。辛い場合や副作用があまり出てほしくない時は、アレグラのように効果も身体に起こる不快な症状もゆっくりと出るものを選ぶと良いでしょう。その時々によって出方や程度は違うものの、根本的に眠気が起きにくい、口の乾きを感じるといったことは共通しており、それが代表的な体調の変化になっています。むやみに怖がる必要はありませんが、体にとってどのような変化が起こるかについて心に留めておくと、いざという時に慌てなくて済みます。

他の薬との飲み合わせにも注意

抗ヒスタミン薬には、第1世代と第2世代があります。効き目が強いのは第1世代のもので、副作用も出やすいのですが、第2世代は脳への移行を抑えているので眠くなるなどの副作用が少なく、アレグラのように市販薬として販売されているものもあるので、気軽に服用できてしまいます。

ですが、他の薬との飲み合わせには注意が必要です。総合感冒薬などのかぜ薬と言われるものには、花粉症の治療薬とほぼ同じ成分が含まれています。他にも鼻炎薬や咳止めといったものにも、抗ヒスタミン薬が含まれており、入っている種類が同じためさらに眠気が起きてしまうのです。併用していると喉の乾きを感じることもあり、便秘など胃腸障害を起こすこともあります。

このほか、乗り物酔いの薬も飲み合わせに注意です。乗り物酔いと花粉症は結びつかないのですが、花粉症の薬を服用した直後に乗り物酔いの薬を服用してしまうと、眠気などのアレルギー反応などが出やすくなります。近年乗り物酔いの薬はチュアブルになっているものも多く、薬を服用したことを忘れて違う薬を服用してしまうケースがあります。

なお、牛乳などの乳製品と一緒に服用してしまうと胃の中のPHの値をあげる働きが強くなり、効き目が低下してしまいます。そしてジュース類は薬の吸収を阻害してしまいますし、コーヒーやお茶といった飲み物もカフェインが含まれており、相互作用を強くしてしまいます。もちろんアルコールの摂取は避けたほうが良い代表的な飲み物です。薬を服用するときは水か白湯で飲むようにしましょう。

花粉症の時期は一般的な風邪が流行っているので、風邪か花粉症かわからなくなってしまうこともあります。そのような時にかぜ薬など様々な薬を服用してしまう可能性が高くなるため、体調が優れないからと言って、すぐに市販薬に頼らないようにすることが大切です。

抗ヒスタミン薬は、体内に過剰に分泌されているヒスタミンをおさえる働きがありますが、ヒスタミン自体は悪いものではなく、覚醒作用もあるので、脳がすっきりする働きもしているのです。それを他の薬と飲み合わせることによって必要以上におさえてしまうので、ひどい眠気に襲われる危険性が高くなります。花粉症の薬を服用している場合は、基本的に他の薬は服用しないようにします。